home特集コラム < 【米国ウィンダム選手権】松山英樹が2打差2位 岩田寛は予選落ちで来季シード確保ならず
【米国ウィンダム選手権】松山英樹が2打差2位 岩田寛は予選落ちで来季シード確保ならず

◇米国男子◇ウィンダム選手権 初日◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7127yd(パー70)

41位から出たキム・シウー(韓国)が1イーグル8バーディ「60」を出し、通算12アンダーで首位に浮上した。

「バーバゾル選手権」で3位に入るなど、今季トップ10入り3度を記録している。

8位と好スタートを切った松山英樹は6バーディ、ボギーなし「64」でプレーし、首位と2打差の通算10アンダー2位につけた。

ジム・フューリック、ケビン・ナ、ルーカス・グローバーと並び、週末の優勝争いに臨む。

首位から出たラファ・カブレラベロー(スペイン)は通算9アンダーの6位に一歩後退した。

ブラント・スネデカー、ルーク・ドナルド(イングランド)ら4選手が通算7アンダー7位。リッキー・ファウラーらが1打差の通算6アンダー11位となった。


岩田寛は1イーグル4バーディ、2ボギー2ダブルボギーと出入りの激しい内容で「70」とした。

通算イーブンパーとしたが、カットラインに3打届かず93位で予選落ちとなった。

フェデックスランク145位の岩田は、来季シード権が与えられる同ランク125位以内には届かなった。



一覧へ戻る
Shopping
ゴルフメーカー紹介
blog チャンピオンズ列伝
美女図鑑
お天気情報
ルールブック

東急ゴルフリゾートへログイン